スポンサーリンク
スポンサーリンク

新しいiMacさんの紹介☆

今回は、今使っているiMacさんの紹介をしようと思います♪

2015年3月、色々と思う所があり、作業環境を一新する事にしました。
資金は、別の目的で貯めていた貯金を使う事に。
予算10万。新品もいいけど、中古も含め出来るだけ予算内で高性能なMacさんを選んでみました!

DSCF2908.jpg
新しいMacさん♪

新しいMacさん選び♪


新しいMacを買うと言っても、中古も対象に含めるとほんと沢山の中から選ぶ感じですね〜。
今まで使って来たmac mini(Early 2006)は、とりあえずコスト重視で選んでました。
その後、お仕事を少しこなす様になり、処理速度面で不満を感じるようになったのです。
そんな訳で、今回は予算内で一番スピードが速そうなものを探す事に♪

新しいMacの選択肢

2015年11月、2年ぶりに新しいiMacさん(廉価版じゃないもの)が発売されましたね〜!
でも、あたしが選んでた時期は発売前。
大体、以下の中から選ぶ事にしました。

★現行品(新品・中古・整備済み製品)
mac mini (Late 2014)
iMac(Late2013)

★型落ち(中古・整備済み製品)
mac mini (Late 2012)
iMac(Late2012)

それぞれに、スペックに応じて3種類位の機種が発売されてます。
ディスプレイを流用しようと考えてたので第1希望がmac miniさん♪
調べると、2014年製よりも2012年製の方が処理速度が速いとネットで話題になってました!
どうも、CPUが豪華らしくて、ちょっと前のMacProと同程度の性能があるとか...!?
とりあえず、まずはこれを中古で探すことにしました♪

第1希望のMacMini Late 2012

中古で探すことにした、MacMini Late 2012。
下から2番目の機種のCPUは、Intel Core i7 2.3GHz クアッドコア。
これで定価68800円。型落ちの中古なら余裕で手に入りそうです♪

この機種って、ハイパースレッディングっていうものを採用してるそうで、通常は4コアで4つの作業を同時にこなしてくれる所を、仮想的に8コアにして8つの作業を同時進行できる所がすごいみたい。
専門用語だらけで訳分かんないですよね...。
つまり、8つの作業を同時進行してくれる機能って、20〜40万円するMacProに搭載されてる機能で、本当は10万円前後ではとても手に入らないハイスペックって事☆
それが、10万円以下のmac miniに採用されてるのだから、これを見逃す手はない訳です〜♪

ところが...!!!

探してみると、すごい人気機種になってる様で、どれも中古が高価なのです〜><*
定価で68800円なのに、出てくるのは9.8万円〜11万円のものばかり。
メモリは自分で増設出来るけど、メモリ増設の事も考えたら、10万を超えてしまいます。
それに、本当は安いのにプレミアが付いちゃってて、何だか買うのがバカらしくなりました。

mac miniがダメなら、iMacしかない!

まさか、型落ちのmac miniにプレミアが付いてるとは思わず、がっくりのあたし。
新品のmac mini Late2014もあまり魅力的に感じず...
仕方なくiMacさんから探すことにしました♪

まず見つけたのが、iMac Late2013(当時現行品)の一番下の機種の整備済み製品が中古品セール!!
パソコン工房さんで、期間限定で10%オフ。
92320円だったので、思わずネット注文してしまいました!

しかし〜。注文後に気付いたのですが、メモリが標準の8Gなんですよね〜。
メモリも処理速度にかなり影響するらしく、将来的な事も考えてキャンセルしました。
パソコン工房さんごめんなさい。

次に見つけたのが、iMac Late2012の一番下の機種で、メモリ16Gカスタマイズ(BTO)モデル!
標準のマウスが欠品のため、98800円で出てました♪
もっといいのがないか散々探しましたが、これと同等かそれ以上の機種+メモリ16Gで10万円切る中古って、全然ないんですー!!
それで迷った結果、iMac Late2012の一番下の機種に決定しました☆

じゃんぱらさんで注文しましたが、対応がとってもはやくて助かりましたヾ|*'-'*|

新しいiMacさんが来たよ☆


そんな訳で、新しいiMacさんが3月28日に到着したのです〜(*^▽^*)ノ☆

DSCF3128.jpg
iMac(Late2012) 一番下のモデル
・CPU 2.7GHzクアッドコアIntel Core i5
・ディスプレイ21.5インチ
・ハードディスク 1TB
・メモリ 16G
・OS Mac OSX 10.8
・Magicmouse欠品
・USキーボード

定価がメモリ8Gで108800円。
それが、メモリ16Gに増強されて中古で98800円で入手出来ました♪
予算ギリギリですね〜^^;;
マウス欠品のお陰で、この値段で行けたんだと思います☆
メモリ16Gのカスタマイズの定価だと、たぶん129,900円位だと思うので、定価より3万円ほど安く手に入った計算ですヾ|*'-'*|

到着すると、新品同様のきれいな品物でした(*^v^*
傷が2箇所あるという事でしたが、よく見なければ気付かない程度!
処理速度的にもそこそこ良い機種みたいだし、まぁ予算内で決められて良かったです♪

第一希望のmac miniさんもクアッドコアなのですが、購入したiMacさんはハイパースレッディングに対応してないので、4つの作業を同時にこなしてくれます。
それでも、以前のmac mini(Early 2006) に比べれば断然速い訳なので、良しとする事にしました♪

処理速度で参考にしたベンチマークテスト


世の中、いつの間にか色々と進化していて、今はベンチマークテストの結果が公表されてるんですね〜!
ベンチマークって??それ美味しいの?状態のあたしでしたが^^;;
ベンチマークって、つまり、パソコンの速度を計測して数値化してくれたものみたいです♪

英語だからよくわからないのだけど、下記のサイトで歴代Macさんのベンチマークが見れました!

Mac Benchmarks

この中で、32bit Multi-Coreというタブの中の数値を主に参考にしてみました♪

一般的に、グラフィックをやる程度なら、6000〜7000位の数値があればストレスなく作業出来ると言われてるみたいですね♪ なので、その辺りを基準にして考えました☆

ちょっと抜粋して見てみましょう♪(細かい機種番号とかは省略)

気になったMacのベンチマーク(multi-core)

Mac Pro (Late 2013) 28933  最速マシン
Mac Pro (Early 2008) 10407  2008年頃のMac Pro。↓との比較に。
Mac mini (Late 2012) 10398  買おうと思って、プレミアが付いてた機種
iMac (Late 2013)   9152   一回注文して、キャンセルした機種
iMac (Late 2012)   7910   購入!!
Mac mini (Late 2014) 5869   現行のmac mini 下から2番目の機種
MacBook (Late 2006) 1540   今までお世話になったmac mini (Early 2006)に近い機種

こうやって比較すると、まぁそこそこ良いものを中古で買えたな〜って思いました☆

Mac mini (Late 2012)は、2008年頃のMac Proと同程度みたいですね♪
Mac mini (Late 2014)は、やっぱり比較しちゃうと遅いというか何というか...^^;;
キャンセルしたiMac (Late 2013)は、やっぱ速度だけ見ると速いですね♪ メモリが惜しかった!
今まで使って来たmac miniに近いMacBook (Late 2006)は、1540なので、速度的には今回購入した機種は相当な改善になるな〜って思いました!!!

まとめ


DSCF3139.jpg
3月におうちに到着して、もう8ヶ月程になりますが、快適に使用出来てます♪
その後、外付けのSSDで更に高速化を図ったので、ほんとアプリの立ち上がりが速くて助かってますょ☆
今は、OS10.10yosemiteで起動してますヾ|*'-'*|

以前の様に、ネットを見てるだけですぐレインボーマークが出る事もなくなったし、フォトショップとイラストレーターの相性で頻繁に固まる事もなくなったし、体感的にも申し分なく速くなりました!!

ほんと、これ一台買うにも色々と苦労したなぁ。
新品でぱっと買えると格好いいんですけどね〜(笑

半分以上、あたしの苦労談に終わったけど、もしこれから買う方とかいたら参考にしてみて下さいね〜ヾ|*'-'*|

関連商品(2015年現在の現行機種・amazonさん♪)



Apple iMac (21.5/2.8GHz Quad Core i5/8GB/1TB/Intel Iris Pro 6200) MK442J/A


APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A
スポンサーリンク
関連記事