スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mac OS X El Capitan(10.11)レビュー

16_01_14.jpg

2015年9月30日にリリースされた新しいMacのOS、OS X El Capitan(10.11)についてのレビューを簡単に書いてみたいと思います♪

インストールした環境


iMac ( 21.5-inch , Late 2012 )
プロセッサ 2.7GHz intel Core i5
メモリ 16GB
内蔵HDD 1TB
外付けSSD 120GB

El Capitanレビュー


古い外付けHDDでのインストールテストを経て、2016年1月11日にメインの外付けSSDにインストールしました!
バージョンは、El Capitan10.11.2です☆

インストール

外付けSSDを初期化した後、クリーンインストールしました☆
フォントや素材データなど必要なデータ類は全て内臓HDDにバックアップ♪

インストールの作業前に、appstoreからEl Capitanのインストーラーをダウンロードしときました♪
6.2GBもあるので...! ADSL接続で回線が遅いので、前日寝る前にダウンロードボタンを押しましたょヾ|*'-'*|

翌日起きたら、無事にダウンロードが完了してました♪
最初、間違えて外付けSSDのyosemiteを上書きのアップグレードしちゃったんだけど、40分程で完了してました。
その後、内臓HDDから起動して外付けSSDを初期化。
内臓HDDに保存しといたインストーラーを起動して、これも40分程でクリーンインストール完了です〜(*^▽^*)ノ☆

起動時間

外付けSSD(USB3.0)からの起動時間です♪

★クリーンインストール直後
Capitan(10.11)  22秒
yosemite(10.10) 24秒

2秒ほど速くなりました♪

★色々なソフトインストール後
Capitan(10.11)  27秒
yosemite(10.10) 26秒

逆に1秒ほど遅くなりました〜^^;;

内臓のFusion DriveやSSDからだと、起動が15秒とかいうレビューを見た事あるけど、30秒切ってるので満足してます♪

色んなソフトのインストール

フォトショップやクリスタなど、必要な全ソフトのインストールまで、1日で完了です☆
SSDだと速いです〜(*^▽^*)ノ☆
インストールした主なソフトは、こちらで紹介してます♪

ただ、Mailの設定がすごく難しくて><*
結局Mailの設定だけで翌日1日使ってしまいました。

app storeのレビューを見ても、メール関係の不具合が多発してるみたいですね〜。
クリーンインストールでも、アカウントの設定がとっても難しかったです。
やり方は、こちらにまとめておきました♪
せめて、Gmailとの連携くらいすんなり出来てほしいものですよね。

3日目は、フォントブックの整理や、色んなフリーソフトなどのインストーラーを片付けたりしてて半日使いました。

そんな訳で、クリーンインストールから使える状態になるまで、2日半でした!!
Mailの設定がなければ、1日半でした♪

新機能について


ライブ変換と日本語入力

使ってて一番変わったと感じる所は、ライブ変換です。
この記事もライブ変換で作ってます〜♪
一昨年まで使ってたOSX10.4のことえりと比べたら、格段に変換精度が上がりましたね!!
文脈を捉えて適切な漢字に変換してくれるのが、進化した所だと思いますヾ|*'-'*|
使い勝手が今までと違うので、慣れが必要☆
スペースを打ち込んでの変換作業が極端に少なくなるので、慣れると効率が良い感じがします♪

あと、今まで使ってた顔文字辞書の登録が上手く行かなかったです。
カンマ区切りのテキストファイルをユーザ辞書に入れると、顔文字が上手く表示されませんでした。
具体的には...
ヾ|*'-'*| が、 ヾ|*-*| こうなりました。
こんなのが続発したので、使用頻度の高いものだけ1つづつ登録しました♪

リターン(エンター)を3回押さないと確定できない仕様ですが、『システム環境設定→キーボード→入力ソース→日本語→windows風のキー操作』にチェックを入れると、2回で確定できるようになります☆

カーソルの拡大

マウスを振ると、カーソルが拡大して見つけやすくなる機能♪
変な時に拡大して、おぉーって驚くことがよくあります。
デュアルディスプレイなどの広い環境を使う場合は、特に効果あり☆
振るとカーソルが大きくなるので、隣のディスプレイを見るとすぐに分かりますヾ|*'-'*|

Safari

今まで通り快適に動いてます♪
ページピンの機能が新しいので、今度使ってみようかなぁ。

Split View

ディスプレイを左右に分けてフルスクリーンで2つのウインドウを表示させる機能☆
当初は良さが良く分からなかったのですが、1ヶ月経った辺りからたまに使うようになりました♪
何か資料を参考にしながら文章を書くときとか、使いやすいです〜(*^v^*
レスポンシブデザインになってるwebページに当たると、より見やすいです☆

Metal

テクノロジーの機能みたいですね〜。
ウェブページやPDFなど、グラフィックの表示が最大40%速くなるそうです。
そういえば、少し速くなったような...!? 体感出来る程ではないような...!?
お絵描きする立場としては、グラフィックの表示がより速くなるのは助かる機能です〜(*^v^*

その他


テキストエディット

Macに標準で付いてる簡単なテキストエディタ。
あたしは標準テキストモードでしか使わないです。
メモ代わり♪

アイコンを小さくして、ウインドウにブクマをいっぱい並べてるフォルダがあるのだけど、そこにテキストエディット書類がいくつか混ざってます。
書類を開いて何か編集して保存すると、たまに書類のアイコンがすっごく下の方に移動してしまいます。
さっき試したら、ウインドウを画面一杯に広げた状態で、250画面分下に移動してました。

この仕様(バグ)、OSX10.4からあるのですが、OSX10.11になってもまだ直ってないみたいですね〜。appleさん気付いてないのか、あたしだけなのか... ちょっと残念です。
使用頻度の多い書類は、別のテキストエディタで開いて編集するようにしてます☆
別の回避策は、テキストエディット書類は別フォルダに入れてリスト表示にしておき、書類のエイリアスをアイコン表示のフォルダに並べておく方法です♪

まとめ


今回はyosemite(10.10)からの乗り換えでしたが、2日半でほぼ元通りな状態まで持って来れました!
不具合も色々出たけど、何とかクリア!

yosemiteでは、デュアルディスプレイ時に仮想デスクトップが勝手に量産される不具合があったのだけど、それも治ったみたい。
あと、mailで下書き保存したメッセージの件名を変更出来ない不具合もあったのだけど、それも治ったみたい。

使っていくうちに、capitanでもOSレベルの不具合が出て来ると思うけど、今の所問題なく使えて良かったなぁ〜って思います。

app storeのレビューを見ると、上書きアップグレード後のトラブルがすごく多いみたいですね。
しかも、星1つが圧倒多数という不評ぶり。。。
あたしはそんなに悪くないと思うんだけどなぁ...

本体との相性なんかもあると思うけど、やっぱりクリーンインストールだと不具合が出にくくて良いと思います♪
万が一不具合が出ても、システム関係のファイル破損とか疑う必要ないので、原因を絞り込みやすいです☆
もしこれからcapitan入れようと思ってる方は、少し手間はかかるけど、クリーンインストールがオススメですヾ|*'-'*|
スポンサーリンク
関連記事
Theme: Mac - Genre: コンピュータ